製品ラインナップ

パネケーブ

(公財)日本下水道新技術機構の「建設技術審査証明書」を取得しました。 審査証明 第0702号
(公社)雨水貯留浸透技術協会の「技術推薦書」を取得しました。 雨水技推 第4号
(公社)雨水貯留浸透技術協会の「技術評価認定書」を取得しました。 雨水技評 第34号

槽内点検等、本格的維持管理が可能な雨水貯留浸透製品、『パネケーブ』

近年、都市化の進展により、地下水の枯渇、
集中豪雨による都市型浸水災害の多発などが深刻化しております。
これに対し、平成16年5月に「特定都市河川浸水被害対策法」が施行されるなど、
各地で雨水流出抑制に対する取り組みが高まっており、
組立が簡易で、工期短縮が図れる再生プラスチックを使用した工法が、 高い評価を得ています。
「パネケーブ」は小規模・中規模施設において、構造的安全性を保ちながら、
槽内部のφ760の人通孔(点検通路)を利用しての、
作業員による本格的なメンテナンスを可能にした製品です。
エバタは、長年の実績と蓄積したノウハウでこれからも社会に貢献してまいります。

特性

 ■コンクリート横断通路
点検システムとしてコンクリート製点検口部材と横断通路部材を使用することにより、
維持管理が広範囲で可能となりました。
コンクリート点検口
■維持管理機能
槽内のφ760の人通孔(点検通路)を利用しての将来的なメンテナンスが可能です。
■耐久性
独自の高圧成形により、堅牢で優れた耐久性を実現します。
■環境への貢献度
部材は再生プラスチック製であり、マテリアルリサイクルで環境に貢献しています。
組立作業における大型重機不要で、組立時の周辺環境への騒音も軽減可能です。
■施工性
特殊工具や施工の専門知識不要。
部材の簡単な組立で、普通作業員による施工が十分可能です。
■経済性
組立作業における大型重機不要。
高い施工性により工期短縮が図れ、トータルコストダウンが可能です。

維持管理システム

パネケーブ槽の点検システムとして、コンクリート製の点検人孔を槽の内部へ、コンクリート製の横断通路を槽の最下段へ設置できるシステムです。掘削幅や長さを変えることなく、自由度の高い点検口および横断通路を設置することが可能です。
さらに点検口には、昇降用ステップが取り付けてあるため、槽内のφ760の点検通路への進入が安全に広範囲で効率的に行え、定期点検およびバキュームなどを使用しての土砂等の清掃作業が可能となり、長期にわたり多岐な機能の維持管理が図れます。

主要部材

主要部材

■空隙率・・・93%
■耐自動車荷重・・・T-25以下
■埋設深さ・・・最大3.99m

主要部材


パネケーブ主要部材 規格表

部材名 記号
寸法(mm)
奥行 t(厚さ)
参考質量(Kg) 備考
a 本体 PC1-CP100B
1000 1000 63
9.0  
b 上下板 PC1-TB25
1049 547 50
7.3  
c 側板 PC1-SP100B
1165 1000 80
17.8  
d 外側板 PC1-OSP100
1165 1000 80
17.8  
e 鏡板 PC1-EP100
1000 1000 63
13.5  
f 中間板 PC1-MP
1049 547 47
6.0  


パネケーブ点検口 規格表

種類 記号 孔数 参考質量(Kg)
中間管取付型 PC1-CT-A5 5孔 924
中間型 PC1-CT-A4 4孔 1036
底部管取付型 PC1-CT-B4 4孔 1046
底部型 PC1-CT-B3 3孔 1157


パネケーブ横断通路 規格表

種類 記号 参考質量(Kg) 備考
本体 PC1-CO-H 982  
側壁 PC1-CO-S 143  
接続部材 PC1-GO-J 54 GRC製

構造図例(貯留槽)

構造図例(浸透槽)

設計上の注意

  1. 本製品は槽内に雨水を貯留・浸透させる目的で設計されております。それ以外の用途でのご使用は、機能低下および事故等につながる恐れ
    がありますので、絶対にご使用にならないでください。
  2. 建物等構造物の基礎の影響線内の設置は避けてください。
  3. 地下水位の高いところで貯留槽または貯留浸透槽として使用する場合は、浮力に対する検討が必要となります
  4. 槽の上部および周辺の植栽は草花程度とし、樹木等を植える場合には充分な土被りの検討をお願いいたします。
  5. 汚水・鉱油類等が入らないように配慮設計をお願いいたします。

●管口フィルター等で維持管理を行う場合は、ますの内径を十分に考慮してください。

※詳しくは別途「技術資料」をご用意しておりますので、担当営業までお問い合わせください。

施設のタイプ

浸透施設
浸透施設

槽全体を浸透シートで包むことで、雨水を効率よく地中へ浸透させる。

貯留施設
貯留施設

槽を遮水シート・保護シートで包むことにより、槽内に雨水を一時的に貯留し、オリフィス機能によって徐々に槽外へ流出させる。

施工手順(貯留槽)

1. 保護シート敷設
1. 保護シート敷設
2. 遮水シート敷設
2. 遮水シート敷設
3. 本体組立開始
3. 本体組立開始
4. 組立状況-1
4. 組立状況-1
5. 組立状況-2
5. 組立状況-2
6. 組立終了
6. 組立終了
7. シート被覆完了
7. シート被覆完了
櫓内部状況(点検通路)
櫓内部状況(点検通路)

※詳しくは別途「施工要領書」をご用意しておりますので、担当営業までお問い合わせ下さい。

施工上の注意

  1. 本製品は槽内に雨水を貯留・浸透させる目的で設計されております。それ以外の用途でのご使用は、機能低下および事故等につながる恐れがありますので、絶対にご使用にならないでください。
  2. カタログおよび技術資料にある表示荷重(耐自動車荷重)等、使用範囲を超える荷重・条件でご使用になりますと、破損・変形などによる事故を招く恐れがあります。本製品の使用範囲をご確認の上、構造上安全な範囲でご使用ください。
  3. 施工中および槽設置後の地下水や降雨による本製品の浮き上がり防止のため、充分な浮力対策および、排水対策を行ってください。
    (※槽設置完了後は速やかに所定の厚さまで、適切な埋め戻しを行ってください)
  4. 貯留施設の場合、遮水シートの溶着は必ず専門工に委ねてください。
  5. 製品の保管、使用時の過度な集中荷重、偏荷重および長期間、直射日光下で保管されますと、物性の低下を招きますのでご注意ください。
  6. 埋め戻しの際は、槽の機能を阻害しない埋め戻し材で、槽の周辺を出来るだけ均等になるように、慎重に作業を行ってください。
  7. 埋め戻し完了後、槽上部での大型車輌の走行や、重機による作業は行わないでください。

▲ページ上部へ戻る