ご挨拶

代表取締役社長 西田 裕俊
代表取締役社長 濱野 浩一

■都市のアメニティー向上に貢献する

 近年、集中豪雨による都市型水害が頻発しています。
都市化の進展に伴い水田や畑が宅地化され、不浸透域が増加したため、雨水は一気に河川へと流れ出し浸水等の被害を増大させています。不浸透域の増加は浸水被害の他に、地下水位の低下、湧水の枯渇、河川水質の悪化など環境問題を引き起こしています。

 エバタは昭和30年の創業以来、日本の都市化の進展に伴う社会的要請に、いち早く対応してきました。汚水ます「インバート」や組立マンホール「エバホール」等、汚水処理のパイオニアとして、また近年では浸透ます「シントーホール」や再生プラスチック製雨水貯留浸透槽「システムパネル、パネケーブ」等、雨水処理のパイオニアとして都市のアメニティー向上に貢献しております。

 今後世界中で、都市化は益々進んでいくものと思われます。エバタは汚水処理、雨水処理の専門メーカーとして、社会のニーズにいち早く対応し、貢献してまいります。

エバタの経営基本方針「お客様の喜びを全員で作り上げる経営」を常に念頭に置き、社会から信頼される会社として、努力し続けていく所存です。

 何卒ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

                               代表取締役社長 濱野 浩一

▲ページ上部へ戻る